Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

買い物

ライブに行ったときを別にして、今年に入ってCDの購入を控えていましたが、ちょっとボーナスも出たことだし、何枚か購入。

Lunasa 「La Nua」
 アイリッシュのバンド、ルナサの7枚目になるのかな。前作が「6」だったから多分そうだね。
 Amazonでは入手できそうに無かったので、TowerRecordsでポイントで入手。

La Talvera 「Sopac e Patac」
 フランスはオクシタニア地方のトラッドバンド、ラ・タルヴェーロ。なんと、活動30周年だそうです。その記念盤らしい。

Stacy Kent 「Raconte moi …」
 フランスを拠点に活動するイギリス人シンガー、ステイシー・ケント。前作は日本でも大変なヒットだったみたい。
 この人の声は癖になると言うか、ジャズ・ボーカルが苦手な人でも大丈夫じゃないかと思います。

Natalie Merchant 「Leave Your Sleep」
 ナタリー・マーチャントは10000マニアックスのボーカルだった人?あまり、予備知識は無かったけど、この新作にはいろんな分野のミュージシャンが参加していて、2枚組みのCDが出来たみたいです。
 1曲目にルナサが参加していて、これがなかなか素敵。

The Chieftains featuring Ry Cooder 「San Patricio」
 チーフタンズは結成何周年なんでしょうか?アイリッシュの大御所がライ・クーダーとコラボレーションと言うのも考えにくいのですが、これが素晴らしい。
 1曲目のボーカルはリラ・ダウンズで、まずこれにやられます。ボーカルも、アイリッシュからモイヤ・ブレナンとか、なんとリンダ・ロンシュタットとか、驚いてばかりです。

Jonsi 「Go」
 アイスランドのバンド、シガー・ロスのフロントマン、ヨンシーのソロアルバムです。少し前に、Jonsi & Alexの名義でもアルバムが出ていましたが、今回のソロはやや趣が異なる感じ。
 暗くて轟音、のイメージからははるかに離れて、よく練られたカラフルな音が詰まっています。

Tracy Thorn 「Love and its Opposite」
 トレーシー・ソーンのソロ2作目?前作は非常に良かったっすね。
 この人の声も、聞けばすぐに分かる。