Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

最近のディスク

ぼつぼつと呟いてはいるけど、ちょっとまとめ。重複もあるかな。

渡部沙智子「見たい」

フ・タウタフでの活動しか私は知らないのだけれど、色々なユニットで活躍されていて、その実力は折り紙付きなさっちゃん。ソロはこんな事をやっているんだ。 私は、このアルバムのコンセプト、新しいと思います。 聴くたびに、歌い込まれているモノたちと気持ちが同化させられていくのです。 ちなみに、私、「ハス・クリヤ」での地声に近いあたりで歌うスキャットがとても好きなのです。ブルガリアン・ヴォイスみたいな。このアルバムでも、色々な声が楽しめますよ。 http://b-class-music.com/?p=534

V.A.「Nothing But… Electropop」

Polly Scattergoodの新譜から1曲入っているというのでダウンロードしてみた。 http://nbhap.com/sampler/nothing-but-electropop/ もう、エレクトリック・ポップとそれ以外の区別ってつかないけど、これは結構良い選曲。 Polly Scattergoodの新譜は9月発売だと…

The Section Quartet「Fuzzbox」

グループ名の通り弦楽四重奏団だけど、このアルバムはロック系のカバー集になってる。もう1枚のアルバムもそんな感じ。

Pandoraか何かで聴いて、良い曲だな、と思ったらThe Postal Service「Such Great Heights」のカバーだったり。選曲とアレンジのセンスだなー。 http://www.thesectionquartet.com/

Death Cab For Cutie「Transatlanticism」

これまた、The Postal ServiceのBen Gibbardが参加しているグループ。や、こっちの方が先か。

The Postal Service「Give Up(10th Anniversary Edition)」

何かのコンピレーションに入っていた「Be Still My […]

fRoots Radio July 2012 Edition (1:13:23)

今月も出てました。 8のワルシャワ・ビレッジ・バンドがおすすめ。 まだ、日本では入手できないかな。こないだ、エル・スールでも見つからなかったし。

1.(Sig) English Country Blues Band / The Italian Job / Unruly (Weekend Beatnik) 2.Karinding Attack / Burial Buncelik / Gerbang Kerajaan Serigala (Karatmusic) 3.Geomungo Factory / Jirirariru / Metamorphosis (Geomundo Factory) 4.Emily Portman / Sunken Bells / Hatchling (Furrow) 5.Joy Dunlop & Twelfth Day / Fiere / Fiere (Orange Feather) 6.Sam Lee […]

fRoots Radio June 2012 Edition

http://www.frootsmag.com/radio/playlists/12/06/

何ヶ月かに1度ダウンロードできるサンプラーが欲しくて年間購読したfRoots(http://www.frootsmag.com/)。本文なんて全然読んでやしない… で、良くウェブサイトを見てみると、Podcastもやっていて、こちらの内容もなかなか。毎月やってるし、ほぼフルコーラス流してるし、サンプリングレートも192kなので結構良いし。 んじゃ、年間購読しなくて良かったじゃん…

以下、6月の内容。 6~7曲目の、ブリティッシュ・トラッド→アイリッシュの流れが好き。

(1:16:43) 1.(Sig) English Country Blues Band / The Italian Job from the CD Unruly (Weekend Beatnik) 2.Heritage Blues Orchestra / Big Legged Woman from the CD And Still I Rise (Raisin’ Music) 3.Amadou & Mariam feat. Jake Shears / Metemya from the CD Folila (Because) 4.Kristi Stassinopoulou & Stathis […]

最近のCD

久しぶりに書いてみる。

2011/2 Apparat Organ Quartet 「Pólýfónía」   アイスランドの才人、ヨハン・ヨハンソン率いるキーボード4人+ドラムスなバンドの2作目。 Ale Möller Band 「Djef Djel」   ライブ会場で購入。あまりサイン会には並ばないけど、今回は内容も素晴らしかったので全員のサイン貰っちゃった。 プチだおん 「オドラデクのルンバ」   ライブ会場で購入。こちらは待望の1作目。 Scala & Kolacny Brothers 「Dream On」   映画「ソーシャルネットワーク」で話題になった合唱団。選曲にロックに対する愛が溢れる。 Girl Talk 「All Day」   この人は全く知らなかったけど、マッシュアップ系では有名な人らしい。女優オリビア・ワイルドのツイートで紹介されていて、なんと、無料ダウンロードだった。

2011/3 Various Artists 「Exit Music: Songs With Radio Heads」   レイディオ・ヘッドのコンピレーション。 Mara Carlyle 「The Lovely」   上のアルバムに参加していた人。 Avril Lavigne 「Goodbye Lullaby」   最近のメディアへの露出の仕方はどうかと思うけど、やっぱり好き。うーむ。 Penguin Cafe 「A Matter Of Life…」   親のやってた音楽を引き継ぐ気持ちってどうなんだろうなって、考えさせられちゃう。 Aṣa 「Beautiful Imperfection」   ナイジェリアの人だっけ?2作目。ちょっと、名前の表記が変わった?

2011/4 Eivør Pállsdóttir 「Eivör Live」   フェロー諸島の人。この人の超絶ボーカルはライブでないと分からない。ライブ盤でちょっとだけ分かる。かな。おすすめだけど、日本では売っていないという… Eivør 「Larva」 […]

最近のCD

とりあえず、リストアップだけしておこう。

2011/1 Hanz Araki 「Wind and Rain」

2010/12 Lars Hollmer 「Viandra」 HONZI 「Two」 Tenzin Choegyal & Taro Terahara 「Snow Lion」 Gotan Project 「Tango 3.0」 Alan Patton 「Filthy」 Alan Patton 「Lenin’s Tricycle」 Brainsout 「De Sidere」

2010/11 関島岳郎 「2009 〜関島岳郎映像音楽集〜」 Frigg 「Oasis」 Frigg 「Economy Class」 JPP 「JPP Live In Duluth」

2010/10 Wyatt / Atzmon / Stephen 「For […]

新しいCD

Mariana Baraj 「Churita」 イスパニア語圏では、Jの発音がハ行になる(で良いのか?)ので、青い石で有名なバラージではなく、バラフと読むらしい。 マリアナ・バラフはアルゼンチンのパーカッショニスト/ボーカリスト。お父さんも有名なパーカッショニストらしい。 本作「チュリータ」は4作目。前作の「雛菊と白百合」ではフォルクローレの枠を超えたグローバルな音楽を展開していて、同じくパーカッショニストのアルト・タンコボヤチアンとの関係もあったりで、なるほどと思った物でした。 今作は、またフォルクローレに回帰したような雰囲気だけど、所々普通ではありません。えー。 特徴的な裏声の、思い切りの良いボーカルも良い感じです。けど、この曲、歌うのは無理があるんと違う?っちゅーのが何曲か有ります。その辺が普通ではないと言う印象になるのでしょうか。

ボーナスでCDを大量発注した後に、このCDの予約が開始になったので、勢いで発注。 Amazonの入荷待ちのCDがもう一枚有るのですが、これは8月末に発送予定だとか… 待つけどさ。

買い物

ライブに行ったときを別にして、今年に入ってCDの購入を控えていましたが、ちょっとボーナスも出たことだし、何枚か購入。

Lunasa 「La Nua」  アイリッシュのバンド、ルナサの7枚目になるのかな。前作が「6」だったから多分そうだね。  Amazonでは入手できそうに無かったので、TowerRecordsでポイントで入手。

La Talvera 「Sopac e Patac」  フランスはオクシタニア地方のトラッドバンド、ラ・タルヴェーロ。なんと、活動30周年だそうです。その記念盤らしい。

Stacy Kent 「Raconte moi …」  フランスを拠点に活動するイギリス人シンガー、ステイシー・ケント。前作は日本でも大変なヒットだったみたい。  この人の声は癖になると言うか、ジャズ・ボーカルが苦手な人でも大丈夫じゃないかと思います。

Natalie Merchant 「Leave Your Sleep」  ナタリー・マーチャントは10000マニアックスのボーカルだった人?あまり、予備知識は無かったけど、この新作にはいろんな分野のミュージシャンが参加していて、2枚組みのCDが出来たみたいです。  1曲目にルナサが参加していて、これがなかなか素敵。

The Chieftains featuring Ry Cooder 「San Patricio」  チーフタンズは結成何周年なんでしょうか?アイリッシュの大御所がライ・クーダーとコラボレーションと言うのも考えにくいのですが、これが素晴らしい。  1曲目のボーカルはリラ・ダウンズで、まずこれにやられます。ボーカルも、アイリッシュからモイヤ・ブレナンとか、なんとリンダ・ロンシュタットとか、驚いてばかりです。

Jonsi 「Go」  アイスランドのバンド、シガー・ロスのフロントマン、ヨンシーのソロアルバムです。少し前に、Jonsi & Alexの名義でもアルバムが出ていましたが、今回のソロはやや趣が異なる感じ。  暗くて轟音、のイメージからははるかに離れて、よく練られたカラフルな音が詰まっています。

Tracy Thorn 「Love and its Opposite」  トレーシー・ソーンのソロ2作目?前作は非常に良かったっすね。  この人の声も、聞けばすぐに分かる。

グラミー

日本時間の今日、アメリカではグラミー賞の発表がありました。 ビヨンセとテイラー・スイフトが強かったようですね。レディー・ガガも2冠。 各部門の受賞者はこちら。

私的には、先日紹介した、ベラ・フレックのアルバム「Throw Down Your Heart」(続編じゃない方ね)がBest Pop Instrumental Performance部門で受賞していたのと、イモージェン・ヒープがBest Engineered Album, Non-Classical部門で受賞していたのが嬉しかったですね。

[追記] ベラ・フレックは、同作品でBest Contemporary World Music Album部門でも受賞していました。

Throw Down Your Heart – Africa Sessions Part 2

アメリカのバンジョー奏者、ベラ・フレックは音楽のジャンルを超えて幅広く活躍する人で、最近ではチック・コリアとのデュオアルバムが話題になったりしました。 その彼が単独でアフリカのミュージシャンと現地でセッションをして、それを記録したCDが昨年リリースされました。「Throw Down Your Heart – Africa Sessions」と言うアルバムです。 さて、最近Twitterでベラ・フレックを発見してフォローしたところ、その続編を自分のウェブサイトで販売するとのつぶやきが… CDと言う形態ではなく、mp3あるいはその他のフォーマットの音楽ファイルによる配布になるのですが、全14曲で$10-。早速購入しました。 まあ、前作のアウトテイクなのかもしれませんが、サイトで試聴できる4曲だけを聴いても圧巻です。 バンジョーとアフリカの音楽との相性の良いこと。いや、それを感じるのはベラのテクニックが優れているからなのかもしれません。 (CDも2月にリリースされるようです。)

Live in Gdansk

この前の休みだったかにBSでやってたDavid Gilmourのライブは、ポーランドはグダニスクの造船所で行われたもので、CDになってる。”On an Island”のツアーだったはず。 Phil Manzaneraとか出てた。キーボードに今は無きRichard Wright。

色々とエディションがあって、DVD付きで3~5枚組とか3種類くらいあるみたい。 豪華版の5枚組は、amazonで1万円弱なんだけど、amazon.comなら$40くらいだ。送料入れてもまだ安い。 ちょっとくらっと来て、カートには乗せたものの留保中。今月結構買っているので-。