Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

新しいCD

Mariana Baraj 「Churita」
イスパニア語圏では、Jの発音がハ行になる(で良いのか?)ので、青い石で有名なバラージではなく、バラフと読むらしい。
マリアナ・バラフはアルゼンチンのパーカッショニスト/ボーカリスト。お父さんも有名なパーカッショニストらしい。
本作「チュリータ」は4作目。前作の「雛菊と白百合」ではフォルクローレの枠を超えたグローバルな音楽を展開していて、同じくパーカッショニストのアルト・タンコボヤチアンとの関係もあったりで、なるほどと思った物でした。
今作は、またフォルクローレに回帰したような雰囲気だけど、所々普通ではありません。えー。
特徴的な裏声の、思い切りの良いボーカルも良い感じです。けど、この曲、歌うのは無理があるんと違う?っちゅーのが何曲か有ります。その辺が普通ではないと言う印象になるのでしょうか。

ボーナスでCDを大量発注した後に、このCDの予約が開始になったので、勢いで発注。
Amazonの入荷待ちのCDがもう一枚有るのですが、これは8月末に発送予定だとか… 待つけどさ。